カメラ 陶芸 お茶 篆刻 苔玉 ミニ盆栽 ラグフッキング 絵手紙 好きなことをほっこりする幸せを綴ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私、趣味をはじめる前というか、興味を持ったものは必ずそれに関しての本から入るタイプなんです。
今でこそなんでもネットで調べれる便利な世の中になりましたがそんな今でも本はやっぱ大切な情報源です。

で、今回ろくろの件で悩んとき、天狼星さんより耳寄りな情報を得たので、早速アマゾン~~。
(いつもアマゾンさんありがと~☆ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ☆笑)

で購入した本は陶芸関係は以下のものたち。

*陶芸ろくろ成形のツボ
*週末陶芸のすすめ
*陶芸の教科書

です~。


で、購入した時に思ったのが、ああぁ、そういえば、数年前に窯を考えた時に
陶芸本いくつかかったのが残っているなぁと、本棚直行。
あったあった。
PH_66.jpg
↑スマフォ写メより。

これ以外にもいくつかあったように思うけど、ブックオフに持っていたことも思い出した。
これだけを手元に置いたってことはみやすかったのか?面白かったのか?それがいまいちうる覚えなんで、
これは仕事しつつちょいちょい読みなおそうと思う。




 毎度~!
ねこかいさんのとこに書いてある本。。。スマソ!
全部持ってます(^^;;;
しかも、リアルで r(^ω^*)))テレマスナ
困ったことに最近置き場所が無くなって来たから、嫁さんによく小言を言われております(--;
まぁ、そういう時は、会社の倉庫に避難させるようにしてます。。。貧乏性なので、本をリサイクルに出すという思考があまり強く働かないようになってます(笑)
 まぁ、その辺は師匠に似たのでしょうか?それとも、持って生まれた特性なのか?

 さて、曜変天目茶碗の話が出てたので、参考図書を2つ紹介しておきます!
これで、君も貧乏マッシグラだΨ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪

・建窯瓷:(けんようじ)二玄社;中国名窯名瓷シリーズの1巻目。天目茶碗(窯変から油滴など、天目茶碗の情報がぎっしりと。。。これでもか!!!って感じで一杯です。

・油滴天目 その世界と技法:北辰堂;雫 浄光 著:僕が油滴天目の焼成方法で悩んでいる時に、そのヒントを与えてくれた本です。その結果が、ホームページの扉にあるあれに繋がったわけです(^^)

 まぁ、こんな所です!
油滴天目の焼成方法は、あまり表に出したくないので。。。
詳しくはメールで訊いてくださいw
【2010/10/16 18:57】 URL | 天狼星 #q5E9/F6U[ 編集]
v-212天狼星さん
いつも書き込み('-'*)アリガト♪
[壁]・m・) プププ天狼星さんなら全部持ってそうな気がしました。[壁]・m・) プププ

私もそうですが主人もよく本を読むんでそれに+して自分が携わった出版本が編集部から送られてくると、、、
そりゃあすげーーーーー量になるんで、なるべくいらない本はリサイクル。となるわけですが、なかなかこれが選択できない状況にありますが
1年に1回はリサイクルしています。

曜変天目茶碗φ(・_・”)メモメモ
すごくありがとおおお!
まだたぶん今年はたどりつけないけど、来年はチャレンジできるように頑張るんでまたその時は見捨てないで(・o・)ヨ(・д・)ロ(・ェ・)シ(・ε・)クです~~♪
【2010/10/17 11:39】 URL | ねこかい #iD6zfyEc[ 編集]
 こんちは!

 曜変天目釉は、多分、僕のレベルではまだ無理だと思っているので、サポートは出来ないですよ(^^;
油滴天目釉なら、だいたいのやり方は判っているのでアドバイス程度のことは出来るかも。。。

 まずは、ロクロでの成形。買ってある釉薬を使い込んで、窯の癖、釉薬の癖を掴む感じにしてください。
いろいろ一度にやってしまうと、食中りを起こしてしまいますよ(^^;;;

 釉薬の掛け方でも、ズブ掛け、刷毛塗り、かけ分け、二重掛け、いるいろあるので、その辺も楽しんでいただけると良いのではないでしょうか?

 まぁ、相談ぐらいには乗れるとは思うので、「ねこかい実験室」的なノリで、遊んでください(笑)
【2010/10/17 12:01】 URL | 天狼星 #E/bs.x/I[ 編集]
こんにちわ。
そうなんです~~ろくろと、窯の感じをまだ前々ものにしてない、いや、
まだする前の段階なんでまだまだ先のことなんですが、
ある程度来年になれば落ち着くだろうという時に気になることを少しずつ
したいなぁと思っているんで
その時は「ねこかい実験室」で(・o・)ヨ(・д・)ロ(・ェ・)シ(・ε・)ク笑です。
もちろん実験室の先生は天狼星さんで。笑
【2010/10/17 13:19】 URL | ねこかい #iD6zfyEc[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 山椒は小粒でピリリと辛い, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。