カメラ 陶芸 お茶 篆刻 苔玉 ミニ盆栽 ラグフッキング 絵手紙 好きなことをほっこりする幸せを綴ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安物買いの銭失いが得意なねこかいです。
がしかし、ここ1年ぐらいまえからそれはやめようと必死に頑張っております。
(何を頑張るんだが)

ただ、服に関してはあきがはやいので、安物でいい&消耗品で安くても大丈夫
名場合のみという例外がありますが、、、。
その他は、欲しいものがある時はいい物を見分けて見分けれたら高くても買う。
決して類似品、廉価、汎用の言葉に、値段に流されない。

とこころに決めております。

で、今回購入したのはフライパン。
(↓携帯にて撮影)
201110172 (1 - 1)

鉄のフライパン購入したのです。
えっと、いままでテフロン加工やら、真ん中にあったまったら印の出るTなんたらやら購入しましたが
うちの旦那さん、私が出張してるとき、それらを金属たわしでごしごしするんです。
何度も注意しましたが「めんどくさい」(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!

洗い物してくれるその行為に免じてここは、、、私が改善しなければということと、
安物買いの銭失いにならないという事と、私が貧血というこの3つの点が合致し、
鉄フライパンを購入したのです~♪

なんか、使い込めばこむ程よくなりそうなフライパンに期待度MAXです。

さて次に、洗濯洗剤について。
我家は粉洗剤を使用していたけれど
(柔軟剤でアレルギーが出るので、洗濯洗剤だけいいにおいのが使いたくて主にP&Gのボールド)
大体65Lのの選択を我家は毎日行うが(日によってはマットや猫の毛布や座布団などを洗うので日に
2~3回の日も月に10回はある)

だと計算すると30±10α=40回は最低洗濯すると考えて、
洗濯洗剤専用スプーン山盛り1杯40g(たぶんいつもお目に入れるんで60gで計算すると)
900÷60=15回しか1箱で洗濯できない計算。
ひと月に大体3箱近く使っている状況を見れば納得。

液体洗剤で計算してみると(1回60Lの水=洗剤50gでの計算)
900÷50=18回洗濯できる。
そして液体洗剤を利用して思った事は、詰め替えは面倒じゃなく、ゴミの量が減る。
それから一番思った事として、粉洗剤は多めに入れる癖があるのに、液体洗剤は
私自身多めに入れず規定量を守っている。

となれば、液体洗剤のほうが家計に優しいとなる。

においも液体洗剤のほうがいいような気がするしね。
09769.jpg

とここまで読んできた人にはかなり何のこっちゃなんだけど、私にすれば粉洗剤から液体洗剤にするのは
かなり大きな変化&出来事なので記事にしてみました。






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 山椒は小粒でピリリと辛い, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。