カメラ 陶芸 お茶 篆刻 苔玉 ミニ盆栽 ラグフッキング 絵手紙 好きなことをほっこりする幸せを綴ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供たちが幼きころ忙しすぎた、、、ということを理由に
子供たちとの時間をきちんと持ててなかったように思う。
いまさら、ながら他の小さな子を見てあぁ~~ちゃんと
私はハグハグかわいがらなかったのではないかと、、、。

で、昔のことを思い悩む性分ではないのでいま現在を生きたい私と子供たちの今ですが、、、。

いろんなことで子供たちとの時間を大切にできると思います。
その子供たちとの時間の中に一緒に映画を見るという時間も1週間に1回ありまして。

DSC_0515.jpg


この映画選択が結構難しい。

子供も大人も見ていい映画、、、。

なかなか難しいのです~~。
お勧めで紹介されている映画はもうほとんど見尽くしたしなぁ。
私が子供のときに見てよかったものも見尽くした。
ε-(;-ω-`A) フゥ…

このまえ、話題性と私が見たかったという理由だけにブラックスワンを見たんだけれどもね、、、。
この映画の中に主人公が自慰行為を行うシーンがあったのですが、
娘と息子に「何をしているのか」きかれ、説明が難しかった、、、。

我が家、性教育は年齢に応じて家で行っております。
というのは私が、いわゆる、小中学で教わった性教育ってまったく役に立たなかったし、
きちんとした正しい知識を得られなかったように感じておりまして(私の場合はですけど)
高校の時から看護科に通い、そこで正しい知識を勉強の中で知り、そうなのか!と驚きと
性に対してのへんな?意識?と色眼鏡をかけた状態での、なんていっていいかわかりませんが
なんともへんなふうに思っていた、、、なんと言うか今思えば情けないような感情、、、
とにかく、変な風に思っていたことが一変し、性の大切さを学び、そして正しい知識を持たないと誤ったことも
起こりうるなと感じたのです。

結婚し子供を産み育てる中で、高校のころに起こった意識変革?で
とくに責任を持てる行動は正しい知識を持ってからこそのことだと感じ、
子供たちにはそれをきちんと説明してやることで、
年を徐々に経ていく段階での戸惑いなども和らぎ、娘も息子もきちんと責任を持った行動
=考えれるのではないかと思い、その年にあわせてきちんとしているつもりなのですが
まだ説明できていないところまでを(心の変化とかもあわせて)映画で出ていたので大変説明難しかった。

このことがあり特に映画に関して選択を悩むようになりました。
しかし、こういうことを悩めれる?ことも子供がまだ幼いからこその悩みで
こういうことを考えれる機会を親としていろいろ考えながら子育て楽しみたいなぁと思う今日この頃、、、。

今週はなんの映画にしようかな。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 山椒は小粒でピリリと辛い, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。